SONY BD/DVDプレイヤー BDP-S1500


自宅のBD/DVD再生専用機となっていた、PS3の調子が悪い時があったので、完全に壊れてしまう前に・・・と、BD/DVDプレイヤーに買い換えました。

PS3そのものは気に入っていたのですが、基本的にゲームはしないので、PS4はもったいない・・・ということで選択肢から外れることに。あと、PS3を使っていて、地味に不便だったのが、リモコンを別途購入する必要があること。わざわざ買うのもどうかと思って、テレビ側のリモコンで代用していましたが、そこは不便ではありました。あと、レコーダー機能も、テレビ側(REGZA)についているので、単純な再生専用機の中から選びました。

ざっくりと調べてみると、DVDプレイヤーであれば、5,000円以下、BD/DVDプレイヤーでも10,000円ほど出せば購入できるようです。あとは、上位機種(20,000円〜)になると、画質(4K対応等)、音質や、動画配信サービスとの連携等の付加価値の違いがあるらしいですが、今回は、シンプルに10,000円程度のBD/DVDプレイヤーにしておきます。


購入したのは、ソニーの「BDP-S1500」です。テレビと同じメーカーの東芝や、画質が良さそうなパイオニアあたりも気になったのですが、PS3のUIが良かったので、同じソニーにすることにしました。

http://www.sony.jp/bd-player/products/BDP-S1500/

機能面では、基本的な再生能力に加えて、
  • 高速起動が可能
  • DVD再生時に、ハイビジョン映像にアップスケールしてくれる
  • 前面にUSB端子があり、USB経由で動画再生が可能
あたりが個人的にチェックしたポイントになります。DVDの再生に利用することが多いので、手早く使えて、綺麗に観れるのが良いかなと。あと、カメラ等で撮影した動画(大抵、ファイルサイズが大きい)を見ることもあるのですが、PS3等で無線LAN経由だと、再生が追いつかず、カクカクするので、USB経由で再生できるのは便利そうです。

一方、残念だなぁと思う部分としては、ネット接続環境として、有線LANしか対応していないこと。上位機種であるS6700では、無線LAN機能が付いていて、Amazonプライムビデオが観れるらしいので、そこは少し羨ましい部分ではあります。まぁ、それについては、近々出るらしい、Apple TVの新型に期待したいと思います。