Ricoh GR Digital II


写真を撮るために出かけたくなる。そんな気持ちにさせてくれるデジカメ。

デジイチも魅力的なのですが、ちょっとした外出の時にはコンデジがやはり便利。さっと取り出し、さっと撮れる。結婚式の披露宴とか呼ばれた時には、すごくデジイチが欲しくなるが、普段使いにはまだまだハードルが高い印象。

GRDは、玄人受けする少し尖ったコンデジなので、購入前は少し悩んだものの、使ってみるとそれほど気にはならない。例えば、光学ズームが無いことも、無ければ無いなりに撮れるようになってくる。もちろん、動物園とかスポーツ観戦とか、被写体が遠くにあるものはさすがに厳しいが、それもまた個性。デジイチがあれば、役割分担という選択肢も見えてくるので、「何でもできるけど、どれも中途半端」なものよりは良いだろう。

既にGRDIIIが発売されているが、そんなことは気にせず愛用中のGRDII。上の写真はiPhoneで撮影したものであるが、他のGRDIIで撮った写真と比較すると、やっぱり画質というか空気感が違う。iphoneのディスプレイで見る分には十分ではあるが、大画面で見るとさすがにね・・・。思い出を記録するだけではなく、写真を楽しむことのできる良いカメラである。

後、写真そのものだけでなく、デザインも気に入っている。最近は同じようなタイプの玄人っぽいデザインが増えてきたが、購入当時は、デジカメと言えば、どれも似たようにテカテカしたデザインが多かったので、こういう雰囲気のあるデザインに凄く惹かれた。

ちょっとベテランの香りがするのか、観光地に行くと、なぜかカップルとかに「写真を撮ってもらえますか」とお願いされることが増えたりする特典?が付いてくる。