K.T.Lewiston CORDVAN BELT


入社して3年過ぎ。買おう買おうと思っていたベルト(ちょっといいやつ)を購入しました。

購入したのは、KTルイストンのコードバンベルト。

革製品好きとしては、前から気になっていたコードバンという素材。ただ、美しい光沢と耐久性という魅力と引き替えに、「水に弱い」「使っていくごとに劣化する」という不満も聞いたことがあり、いまいち購入に踏み切れませんでした。しかし、実際に使ってみないことには、どういったものであるかの実感はないし、何事も経験・・・と思い、コードバンベルトに挑戦することに。

素材は決定したものの、次ぎに悩んだのがブランド。様々なブランドからコードバンベルトは出ているのですが、実物を見比べてみても、違いが分からないというのが正直なところ。普通のカーフであれば、善し悪しが分かりやすいのですが、コードバンの場合は今回が初購入ということも合わせてどれも良いものに見えてしまいます。

といった具合に悩んでいたものの、結局はブランドの名前で選んでみました。今回選んだKTルイストンは、あまり有名では無いのですが、コードバンの靴で有名なAldenの輸入代理店であるLAKOTAが展開しているブランドです。そのため、コードバンに対する評価が高く、そのあたりを信頼しました。実際に、ベルトそのものの質感も非常に高く、これからの使用が楽しみな一品です。

コードバンは稀少部位ということもあり、ベルトについては、1枚革ではなく、2枚革をつなぎ合わせたようなものもあるとのことですが、今回購入したのは1枚革のもの。別に他人は気づかないとは思いますが、こういった自己満足は非常に楽しいことです。


一応、CartierやGucci、Dunhill、Louis Vuittonといった普通のブランド物についてもチェックしたのですが、どれもいまいち惹かれないために今回はスルーすることに。やや尖ったデザインが気に入らなかったり、無難なものには値段の高さが気になったりとか。HermesとChrome Hearts、BOTTEGA VENETAにはちょっと惹かれるものがあったのですが、仕事で使うにはやや個性的すぎることや、価格が高すぎるためにこちらもスルー。ネットを見ていると良いものが沢山紹介されているので、欲しくなってくるのが困ったことです。

THE LAKOTA HOUSE公式