Thank You Steve


初めてApple製品を目にしたのは、父親の会社で見たMacintosh LC475。どことなく、普通のPCにない雰囲気がありました。その後、PCショップでPower Macintoshを見かけて、憧れていた部分もありましたが、結局購入しているのはWindows機のみ。それは今でも変わりません。

初めてApple製品を購入したのは、初代iPod Shuffle。他のMP3 PlayerでHDDタイプが壊れやすいと聞いていたので、シリコンメモリ型のShuffleが出たときはすぐに飛びつきました。その後、2代目nano、3代目nanoを購入しました。MP3 Playerは結局、iPodしか購入していません。

iPhoneの発売当初は、Softbankから発売されるということで、docomoユーザの私にはあまり興味がないものでした。しかし、iPhone 4の発売時は、夜中に起きて、Jobsのkeynoteを見ました。すごくわくわくした気持ちになったのを覚えています。初代iPhoneの時のkeynoteを後から見ると、同じように、もしくはそれ以上にわくわくした気持ちになったので、当時、これを見ていれば3Gから買っていたかもしれませんね。


Jobsに対する印象は「妥協しない人」。他の大多数の人が「ここまでやったから十分」と考えるところから更に1歩進むのが凄い。細かい部分にまで神経を行き渡らせているのがわかります。これが「神は細部に宿る」ということでしょうか。「魔法」と言われる彼の成果も、単に「才能」とまとめてしまうのではなく、こういった細かい部分の積み重ねだとすれば、自分にもできることは多そうです。


Thank You Steve