金環日食撮影の準備


2012年5月21日の金環日食にむけて、撮影準備を少し行いました。購入したのは人間用の日食観察グラスとカメラ用のフィルターとそれを取り付けるためのもの一式です。

http://www.kenko-tokina.co.jp/special/celestial/eclipse-2012.html
http://www.marumi-filter.co.jp/shootingsun/

カメラ用のNDフィルターとしては、ND8のものは持っているのですが、日食撮影には全く役立ちません。目安として必要なものがND100000(数字が大きいほど明るいものを暗くすることができる)というとんでもないものです。フィルターメーカーであるKenkoやMarumiあたりが金環日食用のNDフィルターを発売し始めましたが、いかんせん特殊すぎる用途にあの値段は出せません。というわけで安価で実現するために「アストロソーラーフィルター」を利用することにしました。

http://www.kkohki.com/Baader/astrosolar.html

大サイズと標準サイズがあり、標準サイズであれば2800円と手の出しやすい価格となっています。私の場合、取り付けるためのホルダーとアダプター、ペーパーマウントを購入してしまったので、普通にNDフィルターを購入した場合とあまり変わらない金額になってしまいましたが、取り付けを自作するのであれば良い選択肢かと。

撮影専用と眼視用の2種類あるのですが、標準サイズがあるのは眼視用のみ。もしもの時はシャッタースピードを遅くすれば良いはず・・・と思い、こちら側に。大サイズだと使い切ることができませんし、何より安価で実現するという目的に反してしまいます。まぁ、スペックとしては日食用のNDフィルターと同じなので大丈夫でしょう。


フィルターの実物はこのような銀色のもの。これで本当に撮影できるのか気になるので事前に太陽の撮影をしておきたいところです。


とりあえず1個作成しておきました。非常に薄いフィルターなので、ちょっとしわが入ってしまいました。撮影への影響が気になりますが、フィルターはまだ余っているので、何個か予備を作る予定です。

少し前にあった皆既日食の直前には、このあたりの道具が軒並み売り切れていたので、今回は早めに準備してみました。当時は特にデジイチも持っていなかったので、横目で見ていただけですが、今回はきっちり撮影したいものです。とはいうものの、当日、天気が悪かったりすると、準備した道具も無用になってしまうのが悩ましいところですが・・・。

あとは望遠レンズもそろそろ手を出したいところです。候補はあれに傾きつつあるので後は決断のタイミングと購入方法のみ。まぁ、もう少し悩みます。

2012年5月21日 金環日食
http://naojcamp.mtk.nao.ac.jp/phenomena/20120521/