パナソニック 冷蔵庫転倒防止ベルト AD-NRQBL09


最近、地震が多いので地震対策用のグッズをいろいろ購入しています。

家具の固定用として、これまでも購入していたのが本棚などの背の高い家具の上に取り付ける「突っ張り棒」みたいなものが定番かと思います。我が家もそういったもので固定していたのですが、冷蔵庫の固定には不十分らしく、どうせやるならしっかりやろう・・・ということで、金具で固定するタイプのものを購入してみました。


購入したものは、パナソニック製の固定金具のキットになります。我が家の冷蔵庫もパナソニック製なので迷うことなくこれに決定しましたが、特別な部品がある訳でもないので、他社製の冷蔵庫でも問題なく使えるんじゃないかと。もちろん、ホームセンターとかで似たような金具を探せば、それでも代用できそうです。


金具を壁につけてみたのがこちら。(実際は、すでに設置されている冷蔵庫を動かしたり、金具を固定する場所を検討したりとかなり時間がかかっています。)

一般的に、マンションの壁は石膏ボードと呼ばれる板でできており、そのままネジで固定しようと思っても、すぐに抜けてしまうため、下地(木)があるところを探し出して、その上から長めのネジで固定する必要があります。

素人ではよくわからないので、専用の機材を購入して調べています。2種類の機材があるのですが、個人的にはどちらも購入しておいて良かったと思いました。

下地センサー:大まかに壁の向こうの状況を把握する
下地さがし(針を刺すやつ): ピンポイントに壁の向こう状況を把握する

我が家の場合、「下地センサー」を使ったところ、写真の金具の位置を目安に横方向に板があるようでした。さらに、「下地さがし」を使って、本当にそうなっているかを確認します。ちなみに、「下地センサー」は結構、動作が不安定なので、「下地さがし」も購入した方が良いです。


こちらが、実際に取り付けたところ。1枚目の写真にある取付図を見ていただければ分かるのですが、推奨の方法とは少し違う取り付けをしています。

理由としては、取付図の場合、冷蔵庫後ろにスペースが確保されているのですが、我が家の場合、奥の方まで押し込んでいる関係上、固定金具と冷蔵庫がかなり近接しています。

ただ、よほど大きな家に住んでいる人ではない限り(特にマンションでは)、同じような状況になっているのでは・・・と思っています。


最初は取付図のようにやろうと思ったのですが、固定が甘いと思い、最終的には、上記の写真のように、固定金具と冷蔵庫をベルトで(2重に)巻きつけて固定しました。

地震に遭遇しないことが1番ですが、もし遭遇してしまった場合に備えての対策でした。我が家は、小さな子供もいるので、これで少しは安心できるかなと。